2014年11月02日

特別な夜。    トシヴォーン。

ついに11月に突入!誰と話しても速いと言う。
常に追われてる身では、より速く感じる。
「時は私に目眩だけを残して行く」
小椋佳さんの詞だけど、こっちは走ってなきゃ目眩で立ってられないよ。
第1回から1年経っちゃたけどミュージカルナイトは作り上げるのが大変、
6人のコンディション作りもこれまた大変。
夏にやるはずが秋にずれたけど、とにかく色彩亭てふてふさんの声が戻って良かった
「ホカロンを胸に貼ってるの」今日を歌いきる為の秘策だ。プロだね。
ミュージカルが好きで挑戦し続けるてふてふさんが好きです!
ホカロンをお腹に貼ったピアニストの茜さん好きです!
こんな私達でよければ力になりまっせ!ロックンロール!!
posted by クレージーマッシュルーム at 12:34| Comment(1) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年10月19日

「ふいうち2014」   トシヴォーン。

imaizumi.jpg
よろっとさんのイベント「しんぷる」では毎回4組のゲストが出演する。
各自持ち時間30分で5曲程歌う。
お客さんも自分達で呼んで来る、それをコツコツとこなして行く。
目標に向かって!(これを青春と呼ぶのかしら?)
「ねぇ、今度ワンマンやらない?」と聞いてみる。
「はい。やります」
今泉沙友里さんは、ライブ活動9年目(佐賀出身と聞いて応援せずにはいられません)
2時間を超えるライブに満員のお客さんはさすがです。
「ひゃへひょほへ、、、なんとかかんとか、」
いゃー、参ったなぁ。
濁点の響きが好きなハードロッカーのトシちゃんは、
コットンの布で撫でられたような心地になっちゃった。
posted by クレージーマッシュルーム at 11:32| Comment(3) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年10月13日

エベレストの頂上は高い!   トシヴォーン。

自分のライブを必ず見に来てくれる人を10人作る。これがエベレストの頂上のように高い!
中嶋由可子さんの有名な言葉です。
これを越えれば、あとは行くらしい。
ライブハウスからホール公演そして武道館へ。
大きな岩を人差し指で繰り返し押し続けると、いつか動く。物理の先生は言ってたっけ。
でも実際にやる奴はいないだろう、動くはずないと思ってるから。
さらに先生は言ってた、家の壁を押し続けると家は倒れる。
中学生のトシちゃんは人差し指で繰り返し押し続ける姿を想像してたなぁ。
先生曰く、本当にやる奴はいない。
ドッコイ!俺には、ギターという道具がありまんがな!
posted by クレージーマッシュルーム at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年10月05日

手浮かし奏法。    トシヴォーン。

ピックを持つ右手がボディーに触れないで宙に浮いた状態で弦をはじく弾き方。
ギタリストの平野広泰さんは手浮かしで弾きまくる弾きまくる!
メロディーとコードと、どちらを弾いてる時も右手の状態は変わらない。
ヨーロッパのギタリストを初めて見た時、ジプシージャズはこっちだなと思った。
「支点がないと上手く弾けないよーっ」最近、難しい事考えてもわからない事がすごく楽しい。
弾きまくる性格はS?なら俺は負けねえぞ。
「会って2度目ですけどMだと思います」俺はMじゃないだろう?
posted by クレージーマッシュルーム at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年09月28日

生娘ナイトVol.3

「いいこと考えた!女子だけのライブをやろう」
相対性理論を考え過ぎたら、こんなんになっちゃった。
って女装したセーコちゃんはアメリカのコロラド州で研修中の為、
今回は本物の生娘ライブ(生娘の定義は超曖昧ミー)イケてる女子4組が来れば入口まで一杯です。
投げ銭もいくかしら?
「革命はいつも一人から」生娘ナイトは耳じゃなく股間で聴こう(勝手やなぁ)。
posted by クレージーマッシュルーム at 13:40| Comment(3) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年09月23日

フォークとロック。  トシヴォーン。

18才の頃フォークとロックが流行りだした。
タバコ屋のせがれの武田鉄矢はフォークソング狂いのバカ息子。
クリエーションの竹田和夫はインタビューでフォークは素人っぽいから、
やりたいとは思わなかったと言ってた。
あの頃、佐賀市民会館で見た海援隊や井上陽水はロックを感じた。
どん底から這い上がった、かぐや姫もロックだ。
神楽坂フォークジャンボリーはマーシャルアンプは使いません。(また、まとまらなかった)
posted by クレージーマッシュルーム at 11:01| Comment(1) | TrackBack(0) | トシヴォーン

やっぱ人でしょ!   トシヴォーン。

人との出会いこそ一番の喜びです。
これは確信を持って言える。
ヒッグス粒子トシちゃん(そんなええもんとちゃう)と新たな素粒子が出会うと、
なんかオモロイ事やりたくなんない?
「あのぅ、私こんな活動してるんです」って言って貰えた時から創造細胞分裂が起こるんです。
あとはタイミング、準備は出来てます。
posted by クレージーマッシュルーム at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年09月13日

悪魔と天使。   トシヴォーン。

「悪魔の三部作」の森おどるさんが、天使のみずっちさんと仲間達でやって来た。
12月にイベントをやるって噂は聞いてたが21日に決定!
「衣装もバッチリ決めるから」って、衣装なしでもヤバかったのに、遂にマッシュも今年限りか?
昨日はスコットランド人のリチャードさんが自作のマカフェリで初セッション。
Tシャツにスカート(失礼、あの伝統衣装です。王さまがジプシージャズ?)
これをまとめろってか?
「ちょっとMG5買いに行ってくるわ」
posted by クレージーマッシュルーム at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年09月03日

眠ってる能力。   トシヴォーン。

高校3年の時にエレキギターを始めた。
グランドファンクの「孤独の叫び」を完全コピーしたかった。
でも始めたばっかりで高度なテクニックがあるわけじゃなく、あえなく挫折。
校内1のギタリストに聞いてもわからないという。
42年前はティアックのCDーGT2もタブ譜もYouTubeもない。
そして今、昔夢中になった曲に挑戦してみる。
「あっ!できた」トシちゃん分かったぞ!
18の頃にやろうとした事が、今やりたいと思ったら出来た。
「これが潜在能力なの?」
posted by クレージーマッシュルーム at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年09月02日

ありがとう。クロコダイル!   トシヴォーン。

奇数月の第1月曜に開催して来たジャンゴ108(ひゃくやっつ)は、
9月1日の回で終了しました。
プロデューサーの浦上宗治さん、オーナーの西さん、
スタッフの皆さんありがとうございました。
いつも暖かく見守って頂き感謝してます。
これからもマッシュの面々はジプシージャズに情熱を注いで行きます。
またいつか会える日が来ることを胸に!ビバ、ジャンゴ!!
posted by クレージーマッシュルーム at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年08月31日

音から匂いが。 トシヴォーン。

秋山和尚と会ったのは3年前。現在60代半ば。
大病と交通事故から奇跡のカムバック。
なんか在り来たりの話だけど、聞くと経験するのとは、ちょっと違う。
何が違うって発する音がちゃう。
秋山さんが語る音楽論は、音の景色、重さ、匂い、等魂の表現に至る道だ。
音で何を伝える?俺だったら何だろう?(すぐに答えられない。甘いぞ!)
スクリーンに映す映写機(魂)は何を創造したがってるの?そんな事を考えさせらる。
昨日のライブイベントのタイトルは「ジャズナイト」だったけど蓋を開ければ、
何でもアリ!最高齢84歳のお姉さんもステージに上がる。
わあぉ!ベースの宮本さん。知り合いが濃すぎます。
クレイジー・トシヴォーンが薄く見えた。
次回の来月23日(火)は新宿歌舞伎町族に乗っ取られる?
その次は二丁目?
「それ好きです」
posted by クレージーマッシュルーム at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年08月27日

苦しめ!  トシヴォーン。

もがいてもがいて、アァ〜苦しいなぁ。
ちょっと待ってクスリは駄目よ!マスタベーションにしなさい。
身体も頭も軽くなる奴(そんなドラッグあったっけ?猿になれってか)
俺に詞が書けるの?
やっぱ無理?
「頑張ってかけ!そっちじゃない!」
posted by クレージーマッシュルーム at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン

ソフトは貴方。  トシヴォーン。

郷ひろし&由美のメガヒット?「鞭で打たれて愛されて」近頃どうしてんのかしら?
「あなたがハード、わたしがソフト」ってよくわからん。
あれから早5年。ハードとしてのマッシュは、ほぼ完成。
うぷぱ堂の中嶋さん曰く
「マッシュは有名だから。フライヤー作る時は英語とフランス語もね。私が担当するから」
「へぇー!そうなんだ。ありがとうございます」
Wi-Fi入れるぞ(まだだったの?すみません)
あなたの歌が聴きたいよっ!
posted by クレージーマッシュルーム at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年08月10日

昨日のジャンフェス。  トシヴォーン。

又々台風接近中。
今夜までもつかしら?
もしもマッシュが儲かったら神楽坂駅からアーケードを作っちゃいたい。
な〜んて暇潰しには妄想が一番。
楽器は口に近づく程難しくなるらしい、だから歌が一番難しい?
簡単なのは打楽器?
ヘェーこの人、歌が上手い!なんて驚きは新鮮。(ポール・ボッツの話じゃないよ)
もうひとりのブルーノ・ディミノが歌ってくれた「セシボン」
会場の空気が、ガラリと変わる。
「素晴らしい、声も良い、タキシードを着たらディナーショーだよ」
他の演奏者も次々と新しいレパートリーを披露してくる。
次回の目玉は丹羽悦子カルテット?
お願いします!
posted by クレージーマッシュルーム at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年08月03日

極熱の世界。   トシヴォーン。

「画期的な寒さで僕のテレビが、おかしくなり、とても醜いあの子を美人にして、直ぐ消えた」
40年前に聞いた歌だけど、訳の分からん歌詞が今、
この暑さの中で頭が阿呆になりスンナリ入って来よった。
今年の暑さは画期的なもの、ああ、茹だるウダル獄熱の世界!
エアコン取っ替えて良かった。
今年のマッシュは涼しい!
posted by クレージーマッシュルーム at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン

復活「しんぷる」。   トシヴォーン。

うたびと「よろっと」さんが主催するイベント「しんぷる」がマッシュにやって来た。
重ねて11回目だとか。
MC2000円だけど復活記念って事でソフトドリンクとおつまみが付いて、
さらにかき氷が食べ放題。(よろっとさんやりますねぇ)
シャリシャリと氷が削れる音が聞こえる。
なんだか夏祭りみたいで懐かしいなぁ。
6組の若者の熱い歌が心地好い。
これで2000円は高くないと思った。また聞きたい。
サブタイトル「はじめましてが、又ねに変わる夜」
トシちゃんこの意味が分かった気がした。
感謝!またお会いしましょう!
posted by クレージーマッシュルーム at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年08月01日

オープンマイクにエイミー登場!  トシヴォーン。

eimii.jpg
今年から毎週木曜に始まったマッシュのオープンマイク。
参加費500円が割安なのか、回を重ねる毎に人が増えて来た。
勇気を出して入って来る女子もいて男女の比率は同じ位になって来てる。(ウッシシッてか)
最近の話題はシンガーソングライターの氏家エイミーさん。
コスプレ衣装に着替えて歌い躍るステージは神楽坂系の野郎を虜にしてる(そんな系っていたっけ)
東北色白美人の肌を惜し気もなく披露してくれるし、
プロとしての気概を熱く感じます。(木曜にマッシュに来ないやつは損してる?ねっマキノさん)
来週7日がまちどうしいワン!!
posted by クレージーマッシュルーム at 17:29| Comment(1) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年07月27日

ミュージカルナイトVol.2。   トシヴォーン。

色彩亭てふてふさんと朝輔さんが中心になって進められるこの企画。
大好きなミュージカルを思いっきり歌いたい!待望の第2弾!
ところが主役のてふてふさんが、本番1週間前に体調を崩し声が出なくなった。
トニーも心配そうにしてる。
声ってけっこうデリケートなもので私も、どん底時代電話営業の仕事をして
ストレスで声が枯れ、ついに出なくなった経験がある。
歌いたいのに声が出ない、てふてふさんの無念さが身に染みて分かる。
ここは中止にすべきか?
マッシュは何とか残りのメンバーでの続行をお願いしたい。
そこで前回のフィルム上映とミニライブでお客さんに喜んで貰う事になった。
良かった!皆さん楽しそうだった。
たかじんさんと朝輔さんのギター弾き語りは受けてましたね。
「ことのほか面白かった」練馬放送三宅克彦氏(談)
延期公演は11月1日(土)に決定。
みんながんばれ!
posted by クレージーマッシュルーム at 12:26| Comment(1) | TrackBack(0) | トシヴォーン

2014年07月26日

齊藤さんったら。   トシヴォーン。

アルトセックス失礼サックスの齊藤さんと言えば、
去年のジャンゴ108(ひゃくやっつ)でマカフェリギターを尻目に
ホール中を響かせ気持ち良さそうに吹いてたよなぁ。
テナーセックス失礼サックスのプロ、照沼剛さんがマッシュに来てるよって言ったら早速遊びに来た。
クラシックピアノのを自宅で教えてる奥さんに、専門外のジャンルでお相手させられてるとか?
「ジャズを忘れそうだ」今日は照沼さんフレットレスベースで登場。
「音楽が出来れば、楽器はなんでもいい」ってベースの音も優しいなぁ。
ボディにプリアンプを付けて音へのこだわりはハンパない。
アルトセックスの齊藤さん失礼。
サックス2時間吹きっぱなし。
優しい照沼さんのベースなら私かてずっと弾いてたいわって惚れてもたやろ!
posted by クレージーマッシュルーム at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン

衝撃。   トシヴォーン。

毎週金曜はジプシージャズセッション。
近くの会社勤めミュージシャン、森おどるさんが職場の方達4人で遊びに来た。
おどるさんとは3年以上の付き合いになるけど、たまにしか来ない。
パンクバンドをやってるってのは聞いてた。
そのおどるさんが、休憩中にステージに上がりピアノで弾き語りを始めちゃったのよ。
「それでは、悪魔の三部作を歌います。全部聞いた人は死にます」
「シェー!恐いよーっ!まだ死にたくないよーっ!」
涙が止まらない(傑作すぎて)ミスター加賀原も同感。
優しさの塊、照沼剛さん「とんでもないカルチャーショックを受けた。今日は眠れない」等々。
「わあぉ!黄金ラヂオで聞いてみる?ノーカット悪魔の三部作を」
あとは知りませんから。
posted by クレージーマッシュルーム at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | トシヴォーン